2013年9月9日月曜日

スポンサードリンク



スポンサードリンク

半沢直樹の快進撃が止まりません。

昨日の視聴率も関東地区で32.9%と驚きの数字を
叩き出しています。

昔ならまだしもテレビ離れが叫ばれる昨今に国民の
3割が見ているなんて本当驚きですよね。



「半沢直樹」8話ダウン知らず32・9%!東西とも連続30%超え10年ぶりの快挙


スポンサードリンク


8日に放送された、俳優・堺雅人主演のTBS系ドラマ「半沢直樹・第8話」(日曜、後9・00)の平均視聴率が関東地区で32・9%を記録した。


前週1日放送分で初の30%台(30・0%)に到達しており、同地区で連続ドラマが2週連続で30%台をマークしたのは、03年放送の木村拓哉主演のTBS系「GOOD LUCK!!」以来、10年ぶり。


また8日は関西地区でも視聴率32・7%をマークし、3週連続の30%台。こちらも03年「GOOD LUCK!!」以来、10年ぶりの記録となった。瞬間最高は午後9時54分の38・6%だった。
かくいう僕もしっかりと昨日は半沢直樹の視聴率に貢献した
のですが(笑)。

半沢直樹8話のネタバレ・感想

半沢直樹は現在8話まで放送されていますが、
初回から今まで視聴率は下がることを知らず
伸び続けているそうです。

僕も半沢直樹を見始めたのは後発組だったのですが、
ここまで騒がれると1話を見逃した人でもさすがに
食いついてしまいますよね。

関東と関西での視聴率がそれぞれ2週、3週連続
で30%を超えたのはどちらもTBSドラマGOO DLICK!!
以来の10年ぶり。

半沢直樹は前半の舞台が大阪。

後半の舞台が東京ということで、もしかしたらこのこと
も計算されていたのかもしれません。

半沢直樹が務めていた東京中央銀行大阪西支店の
ロケ地である阪急うめだ本店や関西のロケ地は
半沢効果で観光客が倍増し、関西人の心をしっかり
と掴みましたからね。

というかそれを考えたら10年前のGOO DLUCK!!
どれだけ凄かったんだか。

ちなみに来月からの秋ドラマにはGOOD LUCKの
木村拓哉・柴咲コウコンビが10年ぶりに復活します。

安堂ロイド あらすじ(ネタバレなし)・原作は?キャストに大島優子

話がそれてしまいましたが、今回注目したいのも
来月から始まる秋ドラマです。

主演は堺雅人ですが、半沢直樹とは無関係の
フジテレビのドラマ『リーガルハイ』です。

リーガルハイは昨年放送された堺雅人・新垣結衣
コンビによるドラマ『リーガル・ハイ』の続編。

リーガル・ハイのセカンドシーズンはリーガルハイ
と中点が入りません。

リーガル・ハイは半沢直樹で大ブレイクを果たした
堺雅人の演技力が広く一般的にも知られるようになった
話題の作品です。

僕も見ていなかったのですが、今動画などで見てみると
半沢直樹で見られるド迫力の名演技を見ることが
できました。

しかも、半沢直樹のように若干重く、暗い雰囲気が
漂っているドラマではなくリーガル・ハイはコメディ
タッチのドラマだと言うんです。

リーガル・ハイのあらすじ

リーガル・ハイはリーガルの名前通り、堺雅人が
弁護士を演じる法律ドラマです。

そして堺雅人演じる弁護士・古美門研介は偏屈で
毒舌で人格破綻者とも言われるほどの最低な性格。

『裁判は金で買える』と豪語し、自身の気に入らない
依頼は法外な金額をふっかけて追い返してまう。

しかし、実力派本物で、裁判では一度も負けたことがない
という敏腕弁護士。

ヒロインの新垣結衣は真面目で正義感が強いが、
融通の聞かない堅物新米弁護士黛真知子役。

水と油のように相容れない二人の弁護士が
ぶつかり合いながらも裁判のために共闘。

闘うことを忘れてしまった人達に向けたメッセージ性の
強いドラマだが、笑えるコメディ仕立てになっているのが
魅力的なドラマです。

見どころは古美門と黛やその他ゲスト出演者と
テンポのいい掛け合いですが、半沢直樹に通じる
ド迫力の立ち回りもすでにリーガル・ハイで披露されています。

堺雅人による古美門研介の名シーン動画

リーガル・ハイ 堺雅人の名演技


気持ちよすぎる大逆転論破



上の動画を見る限り、リーガル・ハイの古美門研介と
半沢直樹は似ているなと思ったのですが、下の動画
では裁判終了後にガッキーに向かって、

  • 大バカモノー
  • 100億万年早いわー
と声高らかに大はしゃぎしています。

銀行マンの半沢では見ることの出来ない堺雅人の
表情が見ることが出来ました(笑)。

下の動画を見るだけでもリーガル・ハイのテンポ
のよいストーリー構成の魅力が伝わって来ますね。

リーガルハイ2の見どころ

リーガル・ハイは昨年の6月に大好評で放送が終了し、
今年の4月にはスペシャルドラマが放送されました。

そして、今年の10月からは続編のシーズン2と
まさに押しも押されぬ大注目ドラマのようです。

今回のシーズン2では前作とどのような違い
があるのでしょうか。

岡田将生が出演

古美門研介のライバル弁護士役に岡田将生を起用。
人格破綻者の古美門とは真逆で、人を自然と惹きつける
魅力があり、それほど勝ちにはこだわない弁護士の
役だそうです。

さらに笑いがパワーアップ

リーガル・ハイの続編決定の記者会見で続編は
さらに笑いがパワーアップしたものになると監督
が答えていました。

迫力はすでに半沢直樹でお腹いっぱいですから、
コミカルな部分を増やしてくれるのはありがたいですね。

豪華なゲスト出演者

リーガルハイでは毎回豪華なゲスト出演者が
登場していました。

すでに大ヒットがほぼ確実される続編ではさらに
豪華なゲスト出演者が登場することが予想されます。

半沢直樹でさらにキレを増した堺雅人の演技力

堺雅人は半沢直樹の脚本を見た時に、もっと長台詞
を増やして欲しいと言ったそうです。

円熟味を増した堺雅人の演技ですが、半沢直樹で
さらに演技に凄みが出てきた気がします。

半沢直樹の経験をリーガルハイへと繋げてくれる
ことは間違いないでしょう。

半沢直樹と古美門研介の演技はどっちが凄い?

半沢直樹の迫力のある、というか恫喝とも言える
演技(笑)に加え、コミカルな要素まで加わった
古美門研介の方が見応えのあるキャラクター
かもしれません。

半沢直樹も銀行用語をスラスラと長セリフで
こなしていますが、古美門ほど早口では
ないですよね。

どちらが演じるのが難しいかと考えた時に、
やはり古美門研介を演じれるのは堺雅人しか
いないんじゃないでしょうか。

半沢直樹もかなり悪どいことをやっている
シーンも堺雅人の品のおかげでギリギリ目を
潰れるということはあるんですが。

から放送のリーガルハイを見る前に是非
前作のリーガル・ハイをチェックしておきたいですね。

ちなみに僕はネットレンタルで見る予定です。


DVDを借りてリーガルハイを観ようと思っている方必見!

ツタヤのネットレンタルは今なら30日無料です。

入会金・年会費もかからないので、正直ツタヤの
カードを作るより断然お得ですね。
↓ ↓ ↓
TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!

購入されるリッチな方はこちら
↓ ↓ ↓

リーガルハイ関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

0 コメント:

コメントを投稿