2014年1月17日金曜日

スポンサードリンク



スポンサードリンク

去年の年末から今年の正月にかけて頻繁にCMが放送され、
『芦田愛菜がいない。』に聞こえると話題になったドラマ

明日ママがいない

が1月15日(水)に放送を開始しました。

このドラマに対して慈恵病院(熊本市)が抗議の記者会見を
行い、放送中止を申し出ているそうです。

残念ながら1話の放送を見逃してしまったのですが、
放送中止を求めるほどショッキングな内容なのか確認
したく思い、再放送予定を調べてみました。






明日ママがいないの放送日時

  • 放送日時:毎週水曜夜10時~(1月15日放送開始)
  • 放送局:日テレ

明日ママがいないのあらすじ

明日ママがいないは、諸事情により両親と一緒に住むことが
できなくなった子供を預かる施設『コガモの家』を舞台にした
泣かせるヒューマンドラマです。

CMを見た時点である程度ショッキングな印象は伝わって
来ていたのですが、日テレの水曜10時といえば2013年
の夏に『Mother』が放送された時間帯です。

ドラマからなんとなく陰鬱な雰囲気が漂っていたので、
僕は見ていなかったのですが、視聴率的には予想以上に
ヒット。

これをウケて同じ時間帯にショッキングなヒューマンドラマを
作ろうという流れになったのではないでしょうか。


明日ママがいないは芦田愛菜、鈴木梨央、桜田ひより、渡邉このみ
という4人の子役がメインです。

明日ママがいないのキャスト

  • ポスト・・・芦田愛菜
    • 施設の子どもたちのリーダー的存在。あだ名は赤ちゃんポストに預けられていたことに由来。
  • ドンキ・・・鈴木梨央
    • 本名:真希。母親の涼香が傷害事件で逮捕されたため「コガモの家」に預けられてきた。安田の由来は「ドンキ」(鈍器)。
  • ピア美・・・桜田ひより
    • ポストを尊敬しており、両親が蒸発して入所した。あだ名はピアノが得意なことに由来。
  • ボンビ・・・渡邉このみ
    • ピア美と同様にポストを尊敬しており、あだ名の由来は「貧乏」。
  • オツボネ・・・演 - 大後寿々花
    • 左目に眼帯を付けており、常にウサギのぬいぐるみを持ち歩いている。あだ名は長く施設で暮らしているため。
  • パチ・・・五十嵐陽向
    • きよみ幼稚園に通う幼稚園児。母親の匂いが残るシャンプーボトルを常に手にしている。
  • ハン・・・阪本光希
  • リュウ・・・阪本颯希
    • 施設で暮らす双子の兄弟。
  • ロッカー・・・三浦翔平
    • 施設の卒業生で、職員兼調理員として働く。あだ名の由来はコインロッカーベイビー。
  • 佐々木 友則(ささき とものり)・・・三上博史
    • 施設長。足を引きずって歩き、常にステッキを手にしている。「魔王」のあだ名を持ち、子どもたちには厳しい態度で接する。
  • 水沢 叶(みずさわ かない)・・・木村文乃
    • 職員。子どもにも親を選ぶ権利があると主張し、本来なら規則違反とされる里親候補の資料を佐々木に見せている。
  • 涼香・・・酒井美紀
    • 真希の実母でシングルマザー。
  • 東條 祐樹(とうじょう ゆうき)・・・城田優
    • ボンビが外で見かけた男性で、子どもたちに「理想の親」と憧れられている。
  • 東條の妻・・・Mailys Robin
  • 笹塚 蓮(ささづか れん)・・・藤本哉汰
    • 横浜市立川浜小学校児童。ピア美とは同級生で、彼に好意を持っている。
  • 謎の女性・・・鈴木砂羽
    • 佐々木が通い詰める弁当屋で働く。

母親が痴情のもつれにより傷害事件を起こし、コガモの家という
施設に一時的に預けられた真希(ドンキ)は、同じ年の頃の
ポスト、ピア美、ボンビの3人と出会います。

コガモの家では里親に引き取って貰うための過剰な指導が
行われていて、母親を待っているドンキは

『新しい親に気に入ってもらうこと』

を目的としている施設の方針に疑問を唱え、3人とは仲良く
しようとはしません。

施設のリーダー格であるポストは
『あんたは親に捨てられたんだよ。』と現実を突き詰めるも、

『親の顔を知らないあんたに、実の親と離れて暮らす
辛さはわからない』と言い放ち大げんか。

結局、その後ドンキはポストの予言通り、母親に引き取ることを
拒否されてしまいます。

ポストは親に捨てられたのではなく、あんたが親を捨てたことに
しなと発破をかけ、ドンキと和解。

厳しい現実と、そんな環境で生きる子どもたちの素直な感情と
しなやかな強さに迫るストーリーのようです。

明日ママがいない 再放送

明日ママがいないの再放送は何と、Gyao!Youtubeなどで
一週間限定で配信されています。

一話だけかと思いきや、今後最新話に更新されていくようです。

逆に言うと一話の見逃し配信が見れるのは、第2回の放送日まで
ですので、このチャンスを逃さないようにしましょう。

ドラマって1話を逃すとそのままズルズルと見れずじまいになってしまい
ますからね。


スポンサードリンク



明日ママがいないの感想

早速僕も見てみたのですが、放送中止を求めるほど過激な
内容ではありませんでした。

施設の環境や職員の態度に対して、ドラマならではの過剰な
演出がなされていますが、子どもたちにそれ程の悲壮感はありません。

むしろ子どもたちが厳しい環境の中で力強く生きようとする
部分にスポットを当てたドラマだと思います。

慈恵病院が抗議をしたのはおそらく

芦田愛菜演じる主人公の名前がポストであること部分が
譲れなかったのではないでしょうか。


慈恵病院の新生児を預かるシステムは『こうのとりのゆりかご
という名称で、

そもそもメディアで頻繁に目にした『赤ちゃんポスト』という呼び方
は誰が言い始めたのかわからないそうです。

ドラマのテーマとしては別として、多少ショックのある名前の方が
一般的に認知されやすいというのが、人間の特性としてありますよね。


たしかにどんなにドラマの内容が良かったとしても、
施設の子供達をポストと呼ぶ声が多くなるのは
避けようがないでしょう。

今回のドラマだけでだけでなく、そもそも『赤ちゃんポスト』という
呼称を定着させてメディアにも責任はありますけどね。

加えてドラマの中で三上博史演じる施設長が
『お前たちはペットだ。』
と連呼することにも講義しているのかもしれませんが。

慈恵病院の抗議の会見動画



個人的には

人間が寄るべきところは『人』か『場所』か

というテーマを考えさせれられて面白かったです。

施設の目的を『里親を探すための預かり所』であるとしたら、
たしかに子供が愛着を持つ場所にしないことが正解となって
しまいますからね。

厳しい環境で生きる子どもたちが、大人を食ったような態度で
しなやかに生きる部分には好感が持てたのですが、

結局最終的な目的が

『いい家庭にもらわれること』

というのは多少の抵抗を感じてしまいますね。


施設の子供達がいるという現実を訴えることと、それを踏まえた
上でドラマというエンタメ化するのであれば、

子どもたちの才能を伸ばして、そこが帰るべき場所でもある
施設の姿を描いて欲しいです。

漫画デスノートの『L』が育った施設というイメージですね。

もちろんその場合、泣けるヒューマンドラマではなく、痛快な
冒険物語に変わってしまうとは思いますが・・・


GyaO!で無料配信されているということは、この期間が
過ぎたらGyaO!にラインナップされているということかもしれません。

GyaO!ストア(ギャオストア)


2014年冬ドラマ関連記事




スポンサードリンク

0 コメント:

コメントを投稿