2014年1月23日木曜日

スポンサードリンク



スポンサードリンク

何かと話題の明日ママがいないに押されて、
視聴率的には振るっていない『僕のいた時間』ですが、

こちらも様々なテーマが絡みあった興味深いドラマである
ことがわかりました。




僕のいた時間の見どころ

一番のテーマは主演の三浦春馬が徐々に筋肉が萎縮し、高い確率で死に至ってしまう難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に立ち向かう若者を演じていることです。

予告を見ただけでは難病をテーマにしたただけのお涙頂戴しか内容がないドラマかと思ってしまったのですが、主人公を取り巻く環境の設定が巧みです。

  • 総合病院の院長の長男として医師になることを期待されつつも、学力が伴わず挫折してしまった
  • 代わりに成績の良い弟にその期待が移っている
  • 付き合いたての彼女がいて、自分が尊敬する先輩がその彼女に想いを寄せている
これらの設定から、

  • 役割としての繋がりを重視しすぎてうまくいってなかった家族関係が、息子の難病を気にどのような変化を見せるのか?
  • 学力だけで兄を軽蔑していた”医大生”の弟が兄の難病をどう受け止めるのか?
  • 徐々に体が動かくなっていく自分よりも、頼りになる存在に彼女を任せるべきかどうかの葛藤

というテーマが込められていますよね。

現代の若者が抱えている問題と、命のリミットを感じてしまう

僕のいた時間 キャスト

  • 澤田 拓人(さわだ たくと)〈22〉・・・三浦春馬
    • 大学4年生 → 宮前家具社員。高校までは順調に両親が敷いたレールの上を走ってきたが、父が望む医師になるための学力を維持するのが難しくなり挫折する。なにげない生活の中で筋萎縮性側索硬化症(ALS)の症状が現れ始める。
  • 本郷 恵(ほんごう めぐみ)〈22〉・・・多部未華子
    • 拓人の同級生で母子家庭で育つ。就職面接中に窮地を救ってくれたことで拓人と知り合い、今まで学年や学部が同じだったが顔を合わせることもなかった。
  • 向井 繁之(むかい しげゆき)〈24〉・・・斎藤工
    • 拓人の2年先輩で大学院生。
  • 水島 守(みずしま まもる)・・・風間俊介
    • 拓人の親友。
  • 村山 陽菜(むらやま ひな)〈22〉・・・山本美月
    • 恵の親友。
  • 澤田 陸人(さわだ りくと)〈18〉・・・野村周平
    • 拓人の弟。難関医科大学にストレート合格し、挫折した兄を見下す。
  • 澤田 佐和子(さわだ さわこ)〈56〉・・・原田美枝子
    • 拓人・陸人の母。
  • 澤田 昭夫(さわだ あきお)・・・小市慢太郎
    • 拓人・陸人の父で総合病院院長。体裁を繕うためだけに拓人に自分が経営する病院の事務職員として就職するよう強要する。


スポンサードリンク


僕のいた時間の原作は?

僕のいた時間の原作は存在せず、脚本家の橋部敦子さんのオリジナル
ストーリーです。

橋部敦子さんの代表作は代表作は『僕の生きる道』、『僕と彼女と彼女の生きる道』、『僕の歩く道』の
いわゆる『僕シリーズ3部作』です。

僕の生きる道はSMAPの草薙くんが主演の2003年にフジテレビで放送されたヒットドラマ。

これまた余命1年を宣告された教師の物語でした。

草なぎ剛と矢田亜希子が出演していたドラマ「ぼくの生きる道」の 結末

草薙くんが演じた主人公の秀雄は結局は亡くなっていましたが、
限りある残りの生命を悔いがないよう精一杯生きました。

僕のいた時間の結末ネタバレ予想

このことからも今回の『僕のいた時間』でも主人公の澤田 拓人は
亡くなってしまうことが予想されます。

そもそもタイトルの時点で『僕のいた』と過去形になっていますしね。

ALSと聞いて僕が真っ先に思い浮かんだのは世界的
物理学者のホーキング博士です。

ホーキング博士は21歳でALSと診断され、余命数ヶ月と宣告されました。

しかし、それから50年以上が経ち、72歳となった現在でもご存命です。

ALSに侵された若者を描いたドラマだからと言って、確実になくなる
ストーリーを描く必要性はないということですね。

ALSの進行速度・生存確率は?

ALSの生存確率は10 年以上で 5 %とかなり低いものでした。

未だに原因不明の病ということで遺伝に寄る影響が大きいもの
かと思ってしまったのですが、家族性のALSは約5~10%だそうです。

ALSの進行速度は患者によってまちまちだそうですが、
25歳以前に発症する若年性のALSでは比較的症状の進行が
遅く、生存期間が長い(30年以上)場合も多いありました。

ホーキング博士の場合この症例なのでしょうね。

いずれにせよすべての人間の命は限りがあるものですが、
ほとんどの人はそのリミットを意識しては生活をしていません。

僕のいた時間ではそのことをしっかりつ見つめた人たちによる
深い感動を呼ぶ結末が待っていそうです。

僕のいた時間【フジテレビオンデマンド】

2014年冬ドラマ関連記事

スポンサードリンク

0 コメント:

コメントを投稿